メインコンテンツに移動

プレスリリース

share

2021年6月10日

生活を支える各種MaaSをワンパッケージで提供可能にする事業者向けサービスを開始

~まずオンデマンドバスとモバイルクリニックに対応し、ユーザー向けMONETアプリも提供~

MONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:宮川 潤一)は、自治体や企業(以下「事業者」)がオンデマンドバスや医療・行政MaaSなどの各種サービスをワンパッケージで提供するためのサービスを2021年8月から開始し、6月10日から順次サービスの利用申し込みを受け付けます。このサービスでは、車両を活用した各種サービスの提供に必要な管理者システムやドライバー向けアプリ、架装車両などを提供します。また、これに合わせて、ユーザー向けのスマートフォン(スマホ)アプリ「MONET」(以下「MONETアプリ」)をApp StoreおよびGoogle PlayTM で提供します。

このサービスは、これまでMONET Technologies株式会社が40以上の事業者と連携して、移動に関する課題解決や新たな価値創出に取り組んできた実績やノウハウを基に開発したもので、生活を支えるモビリティサービスをワンパッケージで提供することをコンセプトにしています。まずオンデマンドバスと移動診療車を活用したモバイルクリニック※1に対応し、今後MONET Technologies株式会社の知見や各地での取り組み実績を生かした多様なサービスを追加する他、「MONETコンソーシアム」※2の加盟企業などと連携して、新たな機能を追加する予定です。MONETアプリは全国共通のアプリのため、ユーザーは、例えば居住する地域のモバイルクリニックと旅行先のオンデマンドバスのサービスを、一つのアカウントで利用することが可能です※3。また、事業者はMONET Technologies株式会社が提供する管理者システムで車両を各種サービスに割り当てることができ、時間帯や曜日によって各車両の用途を変更し、車両の稼働率の向上や遊休時間の削減につなげることが可能です。

MONET Technologies株式会社は、これまで各地で配車プラットフォームを活用したオンデマンドバスの導入や実証を進め、移動手段の確保や回遊性の向上、持続可能な交通サービスの検討などに取り組むとともに、医療・行政MaaSなどの「サービスの移動」の取り組みについても実績や検証を重ねてきました。また、新たなMaaSの創出に向けて、MaaSのシステム開発用に各種APIを提供する「MONETマーケットプレイス」を運営する他、2021年2月から自動運転時代を見据えた「Autono-MaaS」※4の取り組みとして、東広島市で自動運転車を用いた小売MaaSの実用化に向けたプロジェクトを手掛けています。MONET Technologies株式会社は、これらの取り組みで培った知見をMONETアプリに生かして、今後も事業者によるMaaSの導入を促進することを目指します。

※1 看護師が医療機器などを搭載した移動診療車で患者の自宅付近を訪問し、車両内のテレビ会議システムを通して、遠隔地にいる医師から診療を受けられるサービス。
※2 MONET Technologies株式会社がモビリティイノベーションの実現に向けた『なかまづくり』の一環として、企業間の連携を推進することを目的に、2019年3月に設立したコンソーシアム。2021年6月時点で、650以上の企業や団体が加盟しています。
※3 MONETアプリの提供開始時は、ユーザーがMONETアプリでモバイルクリニックの予約や予約情報の確認をすることはできません。ユーザーによる予約や予約情報の確認機能は、準備ができ次第追加する予定です。なお、モバイルクリニックは、病院・診療所が症状などを踏まえて事前に指定した患者が利用できます。
※4 Autonomous Vehicle(自動運転車)とMaaSを融合させた、自動運転車を利用したモビリティサービスを示すトヨタ自動車株式会社による造語。

■事業者向けサービスとユーザー向けMONETアプリの概要(提供開始時)

これまで40以上の事業者で活用実績があるMONET Technologies株式会社の配車プラットフォームをベースに、事業者向けにはオンデマンドバスと移動診療車を活用したモバイルクリニックなどに利用できるドライバー向けアプリや管理者システムを、ユーザー向けにはサービスの予約UI(ユーザーインターフェース)を中心に刷新したMONETアプリを提供します。また、モバイルクリニックを提供する事業者には、伊那市などでのオンライン診療の実証において培った知見を生かした架装車両なども提供します。

事業者向けの
サービス

オンデマンドバスと移動診療車を活用したモバイルクリニックなどに利用できる、ドライバー向けアプリや管理者システムを提供します。ドライバー向けアプリでは、配車の予約状況やそれに応じた最適な運行ルートを確認できます。管理者システムでは、オンデマンドバスとモバイルクリニックに使用する車両の稼働時間や乗降場所を設定したり、車両ごとの稼働状況などを確認したりすることが可能です。また、各車両を双方のサービスに割り当てることもできるため、車両の稼働率の向上や遊休時間の削減につなげることが可能です。

 

<オンデマンドバス>

オンデマンドバスの運行・管理に加えて、運行地域に関するお知らせや、飲食店やスーパーなどの各種施設のクーポンをMONETアプリに配信でき、地域内の回遊性や各種施設の利用率の向上に役立てていただくことが可能です。

 

<モバイルクリニック>

ドライバー向けアプリや管理者システムに加えて、医療機器やテレビ会議システムなどを設置した架装車両と、複数の診療所・病院で車両やドライバーを共有して低コストでかつ効率的にオンライン診療を行うための専用の管理プラットフォームも提供します。共有する車両や配車情報、オンライン診療が可能な時間を一元的に管理することで、複数の診療所・病院でオンライン診療の予約受け付けと管理を行うことが可能です。

ユーザー向けの
MONETアプリ

<オンデマンドバス>

乗降場所や日時、人数などを指定するだけで、簡単にオンデマンドバスを予約することが可能です。乗降場所は、あらかじめユーザーが設定した自宅付近の場所と、管理者によって設定されたバス停のいずれかを指定できます。過去の予約履歴から乗降場所を選択して予約することも可能です。なお、車両の位置情報は、地図上でリアルタイムに確認することができます。また、事業者が配信するお知らせや地域内の施設で利用できるクーポンを受け取ることも可能です。

 

<モバイルクリニック>

当初は看護師などが専用の管理プラットフォームでモバイルクリニックの予約を行いますが、患者や家族などのユーザーが予約状況を確認できる機能や、ユーザーによる予約機能を順次追加する予定です。予約に応じて、看護師が医療機器などを搭載した移動診療車でユーザーの自宅付近に訪問し、車両内のテレビ会議システムを通して、遠隔地にいる医師からオンライン診療を受けることできます。

※ モバイルクリニックは、病院・診療所が症状などを踏まえて事前に指定した患者が利用できます。

※ 上記は提供開始時の内容で、対応するサービスや機能を順次拡充する予定です。

■MONETアプリのイメージ

ホーム画面

<ホーム画面>

オンデマンドバスの降車場所指定画面

<オンデマンドバスの降車場所指定画面>

オンデマンドバスの予約確認画面

<オンデマンドバスの予約確認画面>

事業者から配信されるクーポン

<事業者から配信されるクーポン>

■事業者向けサービスとユーザー向けMONETアプリのコンセプトイメージ

生活を支えるモビリティサービスをワンパッケージで

■本件に関する事業者からの問い合わせ先

App Storeは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。TM and © 2021 Apple Inc. All rights reserved.

Google Playは、Google LLC の商標または登録商標です。

share