メインコンテンツに移動

お知らせ

share

2022年2月7日

「マルチタスク車両」を活用した行政や小売りMaaSの実証実験を北海道安平町で実施

~マイナンバーカードの出張申請受け付けや、商品の宅配など複数のサービスに活用~

MONET Technologies株式会社(以下「MONET」)は、北海道の安平町において、自治体や地元の小売事業者と連携し、「マルチタスク車両」を行政MaaSや小売りMaaSなどの複数の用途で活用する実証実験を、2022年2月7日~3月11日に実施します。

 

この実証実験は、積雪や路面の凍結による移動困難など、豪雪地帯における冬季の生活課題の解決を目指して実施するものです。行政MaaSのユースケースとして、安平町がマイナンバーカード出張申請受付サービスの実証を行う他、小売りMaaSとして、移動販売サービスや、注文した商品を自宅に配送する買い物支援サービスなどの実証を行います。

 

今後もMONETは、人の移動に加え、モノやサービスの移動の効率化に取り組むことで、地域の課題を解決し、人々の生活を便利で豊かにするMaaSの実現を目指します。

■実証実験の概要

(1)マイナンバーカード出張申請受付サービス、移動販売サービス

実施期間:2022年2月7日~3月10日

実施主体:安平町

実施内容:安平町の職員が各地区の公民館などに「マルチタスク車両」で出張し、車内でマイナンバーカードの発行申請を受け付けます。また、車内の空間を活用して、「道の駅あびら D51 ステーション」で扱っている特産品の出張販売も行います。詳細は安平町のホームページをご覧ください。

(2)買い物支援(宅配)サービス

実施期間:2022年2月24日~3月11日

実施主体:フーズショップきしだ、工藤商店、MONET

実施内容:各家庭に配布される「フーズショップきしだ」と「工藤商店」のチラシに掲載されている商品を電話で注文いただくと、注文者の自宅など指定の住所に配送します。詳細は2月下旬に配布するチラシをご覧ください。

<車両のイメージ>

車両のイメージ

<車内のイメージ>

車内のイメージ1
車内のイメージ2
share

タグ一覧

#お知らせ