メインコンテンツに移動

プレスリリース

share

2020年11月4日

いわき市、MONETおよび福島県タクシー協会 いわき支部が「いわき版MaaS推進事業」に関する連携協定を締結

福島県のいわき市(市長:清水 敏男)、MONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:宮川 潤一、以下「MONET」)および福島県タクシー協会 いわき支部の3者は、「いわき版MaaS推進事業」に関する連携協定を、2020年11月4日に締結しました。

■協定の概要

目的
3者が連携して「いわき版MaaS」の構築に向けた取り組みを推進することで、交通の利便性の向上と、交流人口の拡大や地域の活性化を図る
 

「いわき版MaaS推進事業」とは
ポストコロナ時代に対応した新しい移動サービスや、利便性の高い交通手段の提供を目指すとともに、地域経済の活性化を図るために、交通事業者や地域の事業者などが連携し、いわき市の地域特性に応じた次世代交通システムの構築に向けた取り組みを推進するもの
 

連携事項
(1)「いわき版MaaS」の構築に向けた実施内容の検討・実施に関すること
(2)本事業の利用促進活動に関すること
(3)その他、次世代交通システムの構築に向けた取り組みに関すること
 

今後の主な取り組み
今年度は、「観光MaaS」と「おつかいタクシーMaaS」の実証実験を実施する予定です。「観光MaaS」では、新型コロナウイルス感染症の影響で大きな打撃を受けた市内の観光エリアにおいて、観光型タクシーの予約方法にICT(情報通信技術)を活用する他、キャッシュレス決済の導入や、観光施設などと連携して利用者にクーポンを発行するなどの取り組みを検討しています。「おつかいタクシーMaaS」では、商品の購入や受け取りをタクシー会社が代行する「おつかいタクシー」において、複数の飲食店と連携し、テイクアウトの予約とタクシーの配車にICTを活用する他、利用者に飲食店のクーポンを発行するなどの取り組みを検討しています。

share