メインコンテンツに移動

プレスリリース

share

2019年3月4日

MONETの配車プラットフォームを活用したオンデマンドバスの実証実験を横浜市で実施

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)とトヨタ自動車株式会社の共同出資会社であるMONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ、以下「MONET」)は、MONETの配車プラットフォームを活用したオンデマンドバスの実証実験を、2019年3月19日から26日まで横浜市で実施します。この実証実験では、横浜市旭区若葉台エリアにお住まいの方にモニター※1として参加してもらい、スマートフォン(スマホ)のアプリ※2から予約してエリア内を巡回できるオンデマンドバスを体験していただくことで、今後の運用方法や利便性を検証します。

[注]

モニター募集については、本日付の横浜市の発表資料をご参照ください。

iOS 11.0以上のiPhoneに限ります。

実施の背景

横浜市旭区若葉台は、約6,700世帯、約1万4,000人が暮らす大規模な住宅団地があるエリアで、郊外型市街地の理想形として神奈川県住宅供給公社により計画・開発され、一般財団法人若葉台まちづくりセンターによる統括的な住宅の管理や運営が行われてきました。地域では、さまざまな組織や住民グループが相互に連携し、子育て世代をはじめさまざまな世代が暮らしやすいまちづくりが進められています。一方、近年では高齢化が進んでいることもあり、地域のニーズに即した移動手段の拡充が検討されてきました。このたびその一環として、MONETの配車プラットフォームを活用した、オンデマンドバスの実証実験を実施することになりました。なお、ソフトバンクと横浜市は、2019年1月18 日に包括連携協定を締結しています。ICTを活用した、地域における移動手段の充実に関する取り組みについて協議を進めており、このたびソフトバンクのグループ会社であるMONETとの取り組みを行うことになりました。

実証実験について

今回実施する実証実験では、若葉台エリアにお住まいの方にモニターとして参加いただき、スマホのアプリから行き先や日時などを指定して予約することで、オンデマンドバスを利用できるサービスを検証します。乗降車場所は、参加者が事前に設定した任意の場所(自宅など)に加え、一般財団法人若葉台まちづくりセンターが運営するコミュニティバス「わかば号」のバス停を指定できます。

今後MONETは本実証実験の結果を踏まえ、オンデマンドバスの実証エリアや時間帯の拡大など、より便利なモビリティサービスの実現に向けて、横浜市をはじめ各所と連携して取り組んでいきます。

pic_01
pic_02

実証実験の概要

期間 2019年3月19日~26日
関係者向け :3月19日
住民向け  :3月20日~26日
運行時間 午前9時~午後5時
関係者向けの運行は、午後1時以降の予定
エリア 上記エリアにお住まいの方30人程度
モニター募集については、本日付の横浜市の発表資料をご参照ください。
対象者(モニター) トヨタ エスクァイア 1台
料金 無料
車両 ミニバンクラス1台
実施主体 運営   :一般財団法人若葉台まちづくりセンター
技術提供 :MONET Technologies株式会社
プロモーション・全体調整 :横浜市、ヨコハマSDGsデザインセンター
協力 神奈川県住宅供給公社

iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。TM and © 2019 Apple Inc. All rights reserved.

SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

share